腕脱毛で人気のある脱毛クリームと除毛クリームの注意事項とは

 

腕脱毛で人気のある脱毛クリームと除毛クリームの注意事項とは腕脱毛でもっとも人気があるのが脱毛クリームです。毛穴に近い部分で、アルカリ性の薬剤によってムダ毛を溶かすことができます。アルカリ性の薬剤はたんぱく質を溶かす作用を持ち、ムダ毛を取り除く際に非常に有効な手段となりますが、肌もたんぱく質でできていますので影響を無くすことはできません。深い部分で作用するからこそ、毛穴に近い部分がダメージを受けてしまいますので、注意事項としてはなるべく肌の負担にならない成分で作られているものを選ぶことが大切です。ムダ毛を処理した後に毛穴部分が赤くなってヒリヒリとするような場合には肌に合っていない可能性が高いので、別の商品に切り替えるようにします。
処理を無事に行った後の注意事項として覚えておかなければならないのは、なるべく早く毛穴が閉じるように収れんケアを徹底することです。収れん化粧水を開いた毛穴にたっぷりとすり込むことで徐々に閉じていきますので、脱毛後はしばらくこのケアを続けることが大切です。また、ダメージが酷い時には抗炎症作用や殺菌作用を持つ化粧水で肌を鎮めることも重要です。化粧品でも炎症を起こしている肌につけると抑えてくれるようなタイプもありますので、症状に合わせた化粧品選びをします。
除毛クリームの場合には肌表面に近い部分でムダ毛を溶かして取り除いていますので、毛穴の奥の方でトラブルになることはあまりありません。ただし、脱毛クリームと同じようにアルカリ性の働きでたんぱく質を溶かしていますので、皮膚表面付近にダメージを与えます。皮膚表面に近い部分であっても酷いトラブルになれば影響は毛根にまで達しますので、十分に気をつける必要があります。肌への負担も気になるところですが、注意したいのが毛質によって合うタイプが異なるという点です。クリームといっても実際にはジェルタイプやローションタイプ、乳液タイプなど色々な種類がありますので、ムダ毛の質や長さに合わせて選ぶことが大切です。上手く自分の合ったものを選べば、効率の良い処理が行えます。
基本的にアルカリ性の薬剤の働きでムダ毛を溶かして取り除くという点は同じです。脱毛クリームの場合には毛根に近い部分で処理が行えるようになっていますので浸透率に優れています。毛根近くまで届いてムダ毛の根元から取り除ける方法ですので、処理間隔はかなり空けられます。除毛クリームは肌表面近くで処理を行いますので肌への負担が小さいのですが、頻繁な処理が必要です。